医療系から介護系へ挑むとき

医療系から介護系への転職をする看護師は、しばしば不採用が続く場合があります。転職活動をする際のポイントを理解していれば問題はありません。医療と介護の違いを把握して面接に挑むようにしただけで、速やかに採用されるようになった事例は多数あります。看護師の固定観念としてしばしば抱かれるのが医療の方が花形で、介護に比べて険しい門があるというものがありますが、まずそれを払拭しなければなりません。給料の高さと就職の難しさからこのように思われることがありますが、そもそも両者は性質が異なるので比較することは困難です。

医療は基本として一定以上の水準の看護を平等に施していくことが目指されます。
プロトコル化が進んでいるのはそれが理由であり、必要なレベルの看護を確実に施すのが重要になるのが通常です。

それに対して介護では個別化の視点が重要になります。
そもそも改善する見込みがほとんどなく、介護を受けている人の満足度を高めるのが最大の目標になる場合が多いのが特徴です。そのため、QOLを大切にする程度が医療に比べても高く、個人の意志を最大限に尊重してQOLを高めるための看護を行っていくことになります。この違いを理解して一人一人の役に立っていきたいことを主張するのが介護系への転職活動に欠かせません。このポイントを押さえずに医療系で働いてきた経験を生かしたいと漠然と伝えても受け入れられてもらいにくいでしょう。面接に挑む際に現場で必要なQOLに対する意識を持っている人材であると伝えて転職に成功している人は多いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です